CTレントゲンで安全なインプラント治療を

安心・安全なインプラント治療のために

インプラント治療とは、歯周病やむし歯、ケガなどの理由で失ってしまった歯の機能を補うための治療のひとつです。あごの骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上にセラミック製などの人工歯や特殊な入れ歯を装着して歯の機能を補います。

外科手術がともなうインプラント治療は、精密な診断と治療プランを必要とします。品川五反田の歯医者「まるおか歯科」では、歯科用CTを活用するなどして安全性を高めています。

安全なインプラント治療をご提供するために

安全なインプラント治療をご提供するために

インプラント治療は比較的新しい治療法です。安全性を高めるためには、治療前の詳細な精密検査のデータをもとに診断し治療計画を立てなければなりません。インプラント治療の失敗の多くは、診断ミスによるのです。当院では、より安全でより精密な診断のためにさまざまな精密機器を導入しています。

まるおか歯科のインプラント治療の特長

歯科専用CTスキャナー

歯科専用CTスキャナー

歯科専用のお口まわりを中心としたCTスキャナーを活用しています。医科用にくらべて放射線量を抑えられるのがメリットのひとつです。従来のレントゲンとの違いは表示法と精度です。立体であるお口まわりを2次元平面画像で、そのうえ白黒で表示する従来のレントゲン画像は、色の濃淡で実際の状態を読み解かなければなりません。正確に読み解くためには知識と経験が必要です。

しかし歯科用CTを使用すると、水平・垂直・斜めと断面を自由自在に表示できるため、3次元の立体画像でお口まわりを確認できます。かなり詳細に表示でき、歯根やあごの骨、血管や神経など細部にわたり把握可能で患者様にもわかりやすく、正確で精密な診断にもつながります。

鮮明な画像提供

鮮明な画像提供

撮影したデータは、DICOM形式に加え3Dビューワーソフトにてご提供可能です。そのためCT撮影データが必要な他院の患者様のためのCT撮影も承っております。鮮明な画像の撮影ができます。

撮影したCT画像をコンピュータによるデータ処理することで鮮明な断層画像が得られます。このデータをもとに、治療プランを作成します。歯科用CTがない場合は、平面画像によりお口の中を読み解き、実際に歯肉を切開してあごの骨の状態を確認しなければなりません。そのような患者様への負担をなくし、実際の治療前にお口の中を詳細に把握できるのが歯科用CTです。もはやインプラント治療の際にはCT撮影による診断を行うのがスタンダードになってきています。

高度な学術連携

高度な学術連携

当院では大学との連携を積極的に進めています。そしてCT画像データを共有することで、大学の放射線開始の専門的な知見を得ることも可能です。そのため画像によって読み解けない症例などにも対応可能です。1人の歯科医師の診断に偏ることなく、複数の歯科医師による確かな診断を行うことができます。