インプラント

インプラント治療で天然歯のような感覚を

むし歯や歯周病、歯の破折など歯を失ってしまった場合の治療法には、取り外し可能な入れ歯治療や、となりの歯を削って支台にして連結した人工歯を装着するブリッジ治療、人工歯根を埋め込むインプラント治療などがあります。

それぞれの治療法にはメリット・デメリットがありますので、内容をしっかり理解してご自身に合った治療法を選択する必要があります。品川五反田の歯医者「まるおか歯科」では必要設備を整えたインプラント治療に対応しています。ご検討されている方は、お気軽にご相談ください。

インプラント治療とは

インプラント治療とは

歯を失ってしまった部分のあごの骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上にセラミック製の人工歯や特殊な入れ歯を装着して歯の機能を補う治療法です。インプラントは生体親和性の高いチタン製で、特殊な形状しているうえ表面加工を施してあるので、あごの骨にしっかり結合します。そのため、自分の歯で咬むのとほとんど変わらない力で、しっかり食べ物を咬むことができるのです。

セラミック製の人工歯を被せると、天然歯のような自然な見た目にできるため、治療したことを他人に気づかれることはほとんどありません。外科手術が必要ですが、メンテナンスを行うことで長く使用できる治療法です。

インプラント治療の流れ

※表は左右にスクロールして確認することができます。

Step1:
埋入のためのドリリング
Step2:
インプラント埋入
Step3:
歯肉縫合
Step4:
インプラントの型とり
Step5:
人工歯装着
Step1:埋入のためのドリリング Step2:インプラント埋入 Step3:歯肉縫合 Step4:インプラントの型とり Step5:人工歯装着
歯肉を切開してから専用のドリルであごの骨にインプラントを埋めるための穴を開けます。 インプラントを埋め込みます。ここで上部のアバットメントを装着する場合もあります。 インプラントを歯肉で覆い、あごの骨に結合するまで治癒期間を設けます。 歯肉をふたたび切開して、インプラントの型を採ります。 アバットメント(人工歯との連結部位)に人工歯を装着して治療完了です。

抜歯即時埋入・即時荷重にも対応

一般的なインプラント治療では、抜歯などの処置を行ったあと傷口が治癒し、あごの骨が安定してからインプラント手術を開始するので、治療期間がとても長くかかります。あごの骨に刺激が伝わらないままの治療期間が長くなるため、あごの骨が痩せてしまうデメリットもあります。

これらのデメリットを解消するために開発されたのが抜歯即時埋入・即時荷重です。抜歯してすぐにインプラントを埋め込むので、傷の治りが早く、通常1年ほどかかる治癒期間が4ヶ月程度で済みます。お口の状態によっては、こちらの方法でのインプラント治療が可能です。

あごの骨が足りない場合もご相談ください

あごの骨が足りない場合もご相談ください

インプラント治療では人工歯根をあごの骨に埋め込むので、十分なあごの骨が必要です。あごの骨の高さや幅、密度が足りないと、インプラントを埋め込むことができません。そのため他院ではあごの骨が足りないことを理由に、治療を断られてしまうことがあります。しかし当院では、あごの骨を再生する処置を行うことで、多くのインプラント治療を可能にしています。他院でインプラント治療を断られたという方も、まずは一度、当院にご相談ください。

サイナスリフト・ソケットリフト

サイナスリフト・ソケットリフト

上あごの奥歯部分のあごの骨が足りない場合、上あごの上にある上顎洞(じょうがくどう)という空洞を押し上げ、骨補填材を注入してあごの骨を補います。インプラントを埋入する穴から骨補填材などを充填するのがソケットリフトで、あごの骨の横から埋入するのがサイナスリフトです。

GBR

GBR

あごの骨の高さや厚みが不足している場合、粉砕した自家骨(自分の骨の一部)もしくは骨補填材を補い、メンブレンという人工膜で覆い骨の再生を促進させます。あごの骨が少しだけ足りない場合は、インプラント埋入手術と同時にGBRを行います。