予防歯科

適切な予防処置で、いつまでも健康なお口を

「歯医者は、歯が痛くなってから行くところ」――そんなイメージをお持ちの方も多いかもしれません。しかし、歯の痛みは、症状が進行してお口が悲鳴を上げているサイン。こうなると、歯を削るなどの治療が必要になり、歯へのダメージが避けられなくなってしまいます。

一度削った歯は、別の素材で補うことはできでも、爪や髪の毛のようにまた伸びて復元することは絶対にありません。ご自身の大切な歯を生涯守るために、「痛くなったら治す」という考えではなく、「痛くならないように予防する」という考えが重要なのです。品川五反田の歯医者「まるおか歯科」では予防に力を入れています。定期検診をしっかり受けて、いつまでも健康なお口の維持に努めましょう。

予防は歯科衛生士に

予防は歯科衛生士に

お口のトラブル予防の基本は毎日のブラッシングです。しかしお口の中は自分自身ではなかなか見ることができないので、セルフケアをしていても汚れが残ってしまうことがあります。するとそこからむし歯や歯周病にかかりやすくなってしまうのです。そこでおすすめなのが、定期的に行う歯科医院でのプロフェッショナルケア(定期検診)です。

定期検診でのお口のケアは歯科衛生士が行います。歯科衛生士は口腔衛生の専門家。歯科医師の指導のもと、患者様のお口の状態に合わせた口腔ケアを行います。当院は担当衛生士制で、顔見知りの歯科衛生士がお口の中をチェックしますので、小さな変化も見逃さず、一人ひとりに適切なケアが可能です。

予防メニュー

  • 定期的なメンテナンス

    定期的なメンテナンス

    むし歯も歯周病も初期段階では自覚症状が現れません。定期的にプロフェッショナルチェックを受けていれば、もしお口のトラブルにみまわれていたとしても、早期発見・早期治療につながります。初期段階なら患者様の身体的・経済的負担も少なくて済みます。

  • ブラッシング指導

    ブラッシング指導

    予防の基本である毎日のブラッシングによる汚れの除去を効果的に行うためのブラッシング指導を行います。患者様一人ひとりのお口の状態に合わせて、みがき方をアドバイスいたします。

  • スケーリング・ルートプレーニング

    スケーリング・ルートプレーニング

    プラーク(歯垢)が石灰化して歯石になってしまうとブラッシングでは落とせません。歯石はスケーラーという器具で除去します。スケーリングしたあと、仕上げに歯面を滑らかにするルートプレーニングを行い、汚れの再付着を防ぎます。

  • PMTC

    PMTC

    プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略で、歯科の専門家による歯のクリーニングのことです。毎日のブラッシングでは落としきれない歯と歯の間や歯と歯ぐきの溝に残っている汚れを、専用器具を使って徹底的に除去します。

  • フッ素塗布

    フッ素塗布

    歯質の強化が期待できるフッ素を歯の表面に塗布する処置です。歯の再石灰化を促す効果もあります。細菌の活動を抑えるはたらきもあるので、定期的なフッ素塗布がむし歯予防に有効です。

  • シーラント

    シーラント

    奥歯の咬み合う面にある溝は深く複雑な形状をしているので汚れがたまりやすくむし歯になりやすい部位です。そこをあらかじめレジン(歯科用プラスチック)でふさいで、むし歯を予防するのがシーラントです。

予防が大切な理由

予防が大切な理由

むし歯にかかってしまった場合、進行を止めるためには汚染された歯質を除去しなければなりません。いくら適切な治療を行って詰め物や被せ物で補っても、歯質を失うことには変わりはないのです。また、一度むし歯になってしまうと、再発のリスクを負うことになります。もし治療をくり返せば、歯の健康はどんどん損なわれ、やがては歯を失うことにもつながってしまうのです。

このような悪循環を避けるためにも病気の予防が大切です。病気を未然に防ぐことができれば、それだけ長くお口を健康に維持することができます。いつまでもご自分の歯で毎日の食事や会話を楽しむためにも、毎日のセルフケアと歯科医院でのプロケア(定期検診)で、お口の健康を守りましょう。

治療費用

歯石除去+歯のクリーニング+フッ素塗布 10,000円(税別)